エステ業界の歴史(NHKの「歴史秘話ヒストリア」も人気ですよね)について、説明をしようと思います。 日本のエステ(基本的に、高額な費用がかかります。契約の前には実際にお試し体験をした上で、慎重に判断した方がいいでしょう)の始まりは、古くは明治時代までさかのぼります。 その時代には、「美顔術」と呼ばれて、美を追求する富裕層の女性たちが受けていたようです。 当り前ですが、一般女性にとってはも関心が深かったみたいですね。 そして、昭和に入ってバブルの時代にサロンは激増し、一般の人たちの間でも定着しました。 つまり、まだまだエステサロンの歴史(NHKの「歴史秘話ヒストリア」も人気ですよね)と言うものは、そう長くはないと言うことなのです。 サロンが増えて業界内の競争が激化する中、詐欺まがいのサロンも現れましたが、バブルがはじけた後は、質の悪いサロンは淘汰されました。 質の悪いサービスを提供をするサロンは無くなり、しっかりとした技術を持ったスタッフと最新の高度な設備を有しているサロンが生き残ったわけです。 そのようなサロンが、現在では大手サロンといわれているのです。 近年では、機材なども良くなり、いろんな施術方法などもあるでしょうから、自分に合ったサロンを選ぼうとする女性も多く、目の肥えた女性が増えているみたいです。 エステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)サロンの方でも、サービスや技術の向上、新技術の習得を心がけていて、エステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)サロンの質は高まる傾向にある一方で、客の確保をするのに苦労を行っているサロンが増えているというのが現状でしょうー